皮膚科のAGA(薄毛)治療のなかに

皮膚科のAGA(薄毛)治療のなかには、点滴(注入)療法というものがあります。
皮膚や髪の回復に必須であるビタミンや、有効成分であるミノキシジルなどを頭皮に直接注入するため、薬剤の使いすぎを防いで体の負担を抑え、それでいて経口摂取よりも育毛効果が感じられるというクチコミが多く寄せられています。
同じ注入方法でも注射と比べると、注入にかかる時間も長く、同じ薬剤を使っていても注射より料金が高めということがほとんどです。
ただ、複数回数分をセットにして利用しやすい料金を設定している医療機関もあります。
ただ、時間がゆっくりなので悪心なども起こりにくく、余分な薬を控えることもできるため体への負担や副作用が抑えられるというのは医師による治療ならではのメリットだといえます。
普通の皮膚科医院でも行なっているところがありますが、美容外科や育毛専門外来のある病院では、利用しやすい営業時間の広さも魅力です。
栄養素の一つである亜鉛には健康な髪を育てる効果があると言われています。
元気な髪のために食事で亜鉛を摂取しようとしても、体内吸収の割合が低いため、容易なことではありません。
亜鉛を含む食べ物を摂るだけでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、食事から除かなくてはなりません。